移動訓練指導者の宮城先生、「塙保己一賞」受賞

当施設で、移動訓練の指導をしていただいている宮城武久先生が、平成24年度

塙保己一賞(第6回)貢献賞を受賞されました。

貢献賞は、障害者の活動支援などに取り組む個人や団体に贈られる賞です。

宮城先生は、昭和57年「つばき教育研究所」を設立され、視覚障害、知的障害、肢体不自由などの障害のある子どもに対し、一人ひとりの発達に応じた教育を行ってこられました。

長年にわたる教師経験から、障害のある子どもの成長を促す独自の学習理論・指導法を開発し、教員の研修、学校・施設等での講演活動をされ、昨年11月には「障害がある子どもの考える力を育てる基礎学習」(学研教育出版)を上梓されました。

現在、先代盲導犬アゼリアに続き、二代目ニースとともに、毎日お忙しく、特別支援学校、地方公演へと飛び回っておられます。

当施設利用者・職員一同、日々ご指導を賜りますことに感謝すると共に、今回のご受賞を心よりお喜び申し上げます。

カテゴリー: お知らせ, ひかりの森日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。